So-net無料ブログ作成
ガラス ブログトップ

ガラス細工その2~キャンドル~クリスマスVer.  [ガラス]

キャンドル


前回アップしてからずいぶん経ってしまいました。
主人と休みの日が一緒だと、一緒になって遊んでしまうので、ついパソコンをいじらないで時間が過ぎていってしまいます。
この間も、八景島シーパラダイスへ行って参りました。
水族館へというよりも、ミク姫のイベントがあって、そっちがメインでした。
23日までやってるそうです。
八景島

こんな感じで、ありとあらゆる所に、ミク姫やボーカリストの方々、リン姫、めいこ姫、ルカ姫、もちろんカイトやレンちゃんもいらっしゃいました。
水族館の方はあまりまわれなくて、残念でした。
水族館や博物館などは、いつもじっくりまわるので、半日はないとまわりきれないです。
広島の原爆記念館は、午前中から行って、あれ?ちょっと薄暗い?位の時間までかけてまわりました。
ので、2時間でなんて全部まわれっこないです。
今度はイベントのないときにお願いしたい。

この日はとても暑かったです。
お日様に当たりすぎて、疲れると必ず頭が痛くなります。
よって、帰りの車の中では、死んでおりました。
鎮痛剤を持って行かなかったのが、敗因であります。
この頭痛をほっておくと、後が大変なんだ。
げーげー吐き通しに移行します。
一度それでひどい目に遭って、それから必ず鎮痛剤を鞄に入れておいたのに。
今回は無理せずずっと大人しく寝ていたので、そこまでになることはありませんでしたが。
車でよかった。


なぜミク姫の話題なのに、今回の紹介でミク姫を出さないかというと、みんなしまっちゃったからです。
飾り棚もSDの姫達を除いて、一新されました。
今日は、SDの姫達も衣替えの予定。
(予定は未定)


トップの写真のキャンドルは、熱川へ旅行に行ったときに作ったものです。
12月だったので、クリスマスにちなんだテーマで作ろうと決めて作ったのですが。
向かって右の雪だるまの方は主人の作です。
ちゃんとクリスマスっぽいのに、私のは猫と犬が可愛かったので使ってしまい、テーマからはずれてたりして。
でも、ちゃんとトナカイも入れたし、ツリーも入れたので、クリスマスにちょっと近づいているはず。
泡が沢山なのは、この写真を撮ったのが作ったばかりの時だったからです。
今は泡も少なくなってます。
しかし。。
このロウって、室温が高いと溶けるのだろうか。
今見ると、トナカイが作った当時よりずっこけてる様な気がするし、表面が斜めになってる。。。
幸がいるから、置いてあった部屋は、ちょー暑くなったりしないはずなんだけどな。

このキャンドル作りは、『伊豆 熱川 温泉 観光 茶房&体験工房さくら坂』で体験できますので、熱川に旅行に行かれたおりにやってみると楽しいと思います。
12月は熱川はお客さんが少ないそうなので、ゆっくりできると思います。
私たちの行った宿は、3組しか泊まり客がいなくて、お風呂もほとんど貸し切りでした。
温泉、のんびりがいいよね。


ガラス細工【スノーマンLアカ】No.3225

ガラス細工【スノーマンLアカ】No.3225

  • 出版社/メーカー: 沖縄アートショップ美ら風
  • メディア: おもちゃ&ホビー



タグ:ガラス


2012-09-18 10:02  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ガラス細工その1~ビールにゃんことにんじんうさぎ~夏セット [ガラス]

夏


今回は姫達じゃない子達の紹介です。
『SUWAガラスの里』から連れてきました。
他にもいるのですが、この絵面が一番今の季節にあってると思い、載せました。

夏


夏


夏


バックの向かって右側は、『ペヤング No.だばぁ やきそば』です。
主人が14日にファミマで買ってきました。
姫達と一緒に飾り棚に飾ってありました(汗笑)
どこまでミク好きなのよ(汗)

つい最近まで知らなかったのですが、「だばぁ」とは、ペヤングのやきそばが湯切りの時に蓋の押さえが足らず、またはお湯が熱いため、湯切り口から遠いところを持っていて、などの理由で、中身が全部出てしまうことをいうそうです。
「だばぁ」しないようにしたので、『No.だばぁ』らしい。
本当に「だばぁ」しないのだろうか。
ざるを下に置いておいた方が安全ではないのだろうか。


ガラス細工というと、古の昔、前回のスカートの時よりは古じゃありませんが、実習に使うので、ガラス管を細く伸ばして毛細管を作ったっけ。
バーナーでガス管をあぶり、柔らかくなったところで、きゅーっと左右に引いて伸ばすんですよ。
もちろん伸ばしすぎると、切れたり、細くなりすぎたりします。
さらに、均等に伸ばさないと、太さが違ったりしますです。
器用な方は、フラスコまで作ってました。
もちろん私は毛細管を作るのが精一杯で。
それもなんだか太いやつ。。。
太いと、正確な実験結果が出ません。
何度作り直したことか。
挙げ句の果てに、余ったのをもらったりして。
学校行ってるときって、色々挑戦できるはずなのに、なぜに余裕がないのだらう。
今も変わらずそうなんだけどさ。


ガラスのアニマル【うさぎにんじん】No.6070

ガラスのアニマル【うさぎにんじん】No.6070

  • 出版社/メーカー: 伊豆アートショップさくら坂
  • メディア: おもちゃ&ホビー




ガラスのアニマル【うさぎビール】No.6072

ガラスのアニマル【うさぎビール】No.6072

  • 出版社/メーカー: 伊豆アートショップさくら坂
  • メディア: おもちゃ&ホビー


タグ:ガラス


2012-08-16 11:47  nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ガラス ブログトップ

このブログの更新情報が届きます

すでにブログをお持ちの方は[こちら]


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。